目指すのは、店長全員が経営者目線を持つ組織

新しい給与制度については、創業時からお手伝いいただいている財務顧問からも「利益の30%を店長の歩合給にするのは、比率が高すぎませんか!?」と驚かれています。

【関連記事】年収1,000万も夢じゃない –独自の給与制度で、飲食業界の常識を覆す–

歩合給を導入している飲食企業は確かに他にもありますが、30%に設定している飲食企業は、私は聞いたことがありません。

それでも、「自社に利益を残さなくてもいい。現場に利益を分配したい。」という気持ちで振り切って実行することにしました。

アンビションの店長には、経営者目線を持っていて欲しい。そのきっかけが、高い給与でもいいと思うのです。

経営目線の第一歩は、お店の隅々まで目を行き届かせること

私が思う経営者目線とは何か?
まずは「お店の隅々まで目配りが行き届く」を日常的に出来ることだと考えています。

これは、個人的に“良いお店”と思う飲食店を訪問して観察して発見したことです。“良いお店”で共通していたのは、オーナーが現場に出ていたり、頻繁にお店にいたり、方法は様々ですがお店の隅々まで目配りが行き届いていたんです。

隅々まで目配りをし、経営者目線で仕事をして、面白さを感じてもらうこと。それを第一歩にし、経営者目線をどんどん磨いていって欲しいと考えています。
お金だけをモチベーションに経営者目線を磨くのは難しいので、運用を重ねて改善していく予定です。

そしてもう一つ大切なことは、競争原理が働くことです。

飲食店は、業界全体として人が常に足りていないので、「ここでダメなら別の飲食店に転職すればいい」という考えが浸透していると感じます。

こういう考えでは、社内外での競争原理が働かず「(今の会社で)もっと頑張って見返そう」という気持ちが生まれません。

適度な競争原理が働く環境を、人事制度によって担保することで、質の高い人材が残る。質の高い人材はより経営者に近い目線で仕事をして、高い報酬を得る。その時には、会社としてもより高い利益が出て、新しい出店ができる。そんなサイクルを生み出したいです。

会社として利益を出すには、時間がかかる方法かもしれません。
それでも、優秀な人たちにさらに大きなやりがいのある活躍の場を提供するため、どんどん出店していけるような仕組みを作り出せれば…と思っています。

飲食未経験の方も歓迎、実力次第で活躍できる仕組みづくり

アンビション 笑顔のスタッフ

アンビションでは、飲食店の経験者・未経験者を問わずに、入社後3ヶ月はトライアル期間にしており、この間に店長クラスの仕事まで覚えられる仕組みにしています。

飲食業界は未経験でも、他の業界の人で仕事を頑張ってきた方、大歓迎です。例えば、不動産で営業がんがんやってきた、そんな一見関連性がない経験をしてきた方でもいいです。

しっかりと結果を残せる店長クラスの人材が育ってくれば、その先にできることが増えてくるはず。そう考えている一つの場面が採用です。例えば、「入社半年でこんなに年収をもらっています!」という人が実際に出てくることで、新たな人材の採用もスムーズになっていくでしょう。

独立、業務委託、複数店舗の管理という3つのキャリアパス

飲食店で働く人にとって、将来の見通しも大切なことです。
アンビションでは、店長になった先にキャリアパスとして3つ存在しています。

まず、独立をしてご自身で経営者となるキャリアです。
「将来は自分のお店を持ちたい」という人を、アンビションでは大歓迎しています。飲食店とは関係のない別の仕事をしているけれど「いつかは飲食店で独立したい」という想いを持つ方もぜひ受け入れていきたいです。

飲食店の独立で一番のネックは開業資金ですが、アンビションは給与水準を高く設定しているので、資金を貯めることができ、夢が叶いやすいと思います。その過程で、経営感覚も身につけられるので一石二鳥です。

もう一つのキャリアプランは、業務委託。完全に独立ではなく、社員よりも成果報酬を高めに設定して、業務委託契約でお店の運営と経営をお任せするという方法もあります。
完全な独立と比べリスクを抑えつつ、自由度高く、報酬を得ることが可能です。

最後に、複数店舗の管理。アンビションの店舗を3店舗ほど同時にお任せします。こちらは社員として複数の店舗の売上の責任を持っていただき、各店舗の売り上げを歩合給としてお渡しいたします。

飲食店の働き方、組織のあり方にも変革を

アンビションの働き方は、時間か給与を選べる点も特徴的です。給与が多少減ってもいいから少し長めの休みを取る、という選択も可能です。ご自身が店舗にいなくても店舗が回る仕組みにしていれば、大丈夫です。
「飲食店は休みが取れない」という現状や固定概念も、変えていきたいと考えています。

大手企業は飲食店を経営する中でSVや店舗開発の部署が存在します。これは、組織として当たり前となっています。

しかし、アンビションでは、各店舗の店長が専門性を高めればこのような部署がなくても会社は回るという実例を作りたいと考えています。例えば、メニュー作りに強みのある方であれば、新店舗の立ち上げを専門に、新店舗の立ち上げの時期だけ来てもらうというような柔軟な組織や働き方もできるでしょう。

アンビションという企業を通じて、既存の飲食店とは異なる全く新しいオペレーションや経営を生み出していきたいと思っています。

このビジョンに共感してくださる方、飲食業界を変えていきたい方、将来自分のお店を持ちたい方、是非アンビションを通じて夢をかなえていきましょう。

少しでも気になったら、まずは無料転職相談

求人・経営でお困りの
企業様をサポートします!

無料エントリーはこちら