先輩後輩関係なく話せる環境

高見株式会社 執行役員/簗田 真樹(2002年新卒入社)。ウエディングプランナーからキャリアをスタートし、福岡⇒東京⇒名古屋にてゼネラルマネージャーを歴任。 現在は東京に着任し、執行役員として新規事業である明神会館のプロデュースを手がける。

職場の雰囲気としては和気藹々していますが、先輩後輩関係なく言い合える風土です。これは私だから、ということではありません(笑)チームプレイの仕事なので、固い結束をしつつもお互いに意見が言える環境を、組織として脈々と繋いできた環境なのではないかと思います。

また、やりたい人にはどんどん新しいことも挑戦してもらえる風土や仕組みがあります。4~5年目で管理職に就く人、部署を異動して職種の幅を広げていく人、ずっとスタイリストとしてその道を究めていく人もいます。

実際にあった例ですと、名古屋で新卒として入ってきた社員がサービスマネージャーにすぐに昇進して、対法人・企業向けサービスとしてパーティー案件の運営(※)を獲得する営業職を任された事例があります。

※高見では結婚式をはじめとした数々のイベント開催ノウハウを元に、MICE事業としてビジネスイベントもプロデュースしています。

最初の配属が主力事業の現場になった後に、異なる事業や業務に挑戦する人事異動が頻繁に行われているという企業は、なかなか無いのではないでしょうか。

「想い」を伝える社員教育

入社して最初のうちはOJTでしっかりと先輩が後輩とペアになって仕事をします。「こういう人がこういう想いを持って式をあげるんだけれど…」という感じでお客様の背景を伝えたうえで、どのように準備をしたら良いか?ということを一緒に考えます。こうしろああしろという「押し付ける」ようなことはしないです。納得して初めて人は動くと思いますので、その行動の裏にあるものをしっかりと考えてもらう問いかけを大切にしています。

マニュアルで型通りのことを教えるということはありません。自分で考えながら仕事ができるようになるので、未経験の方もご安心ください。

「想い」トラブルにも臨機応変に対応しお客様を笑顔にする

予報では晴れだったのに急遽雨が降ってきてしまって、チャペルからレストランまでの50mくらいの道が通れなくなってしまったことがありました。この時にスタッフ総出で傘を両手に持って新郎新婦が濡れないように「傘(カサ)ロード」を作ったことがありました。プランナーから調理場の人も総出で参加しました。思わぬアクシデントでしたが絵になる場面でしたね(笑)完全に濡れることは防げませんでしたが、ゲストの方も喜んでくれました。

このようにトラブルがあっても、お客様の満足を最大化させるために行動できるところが高見らしいなと思いました。

幅広い業務経験が積めるキャリアステップ

各拠点の責任者になり今度は事業の責任者となっていきます。その中でマーケティングや、新規事業の立ち上げなど幅広い経験ができます。国内だけではなく海外にも展開をしており、今後もチャンスは増えていく組織です。

女性も安心して働ける環境

育児短時間勤務制度を利用しながら勤務している社員もいます。TAKAMI BRIDALは女性が多く働いていることもあり、結婚しても出産してもずっと働けるように、制度が充実しています。現場に戻ってきてくれた場合も以前と同じように責任のある仕事を任せることもあります。そのような環境のため、周囲の同僚・上司もお子さんがいる社員に対しては、家庭と仕事の両立に理解を示してくれるので、安心して働くことができます。

このような方はぜひともTAKAMIで一緒に働きましょう!

自分で考えて行動できる方、元気に笑顔で、変なプライドなく、お客様のことを第一に考えられる方。そして、チームで仕事をしていきたいという方を歓迎します!やる気がある方は未経験であっても先輩がしっかりとバックアップしてくれます。TAKAMIで「ほんまもん」のおもてなしを身につけてください。挑戦したい人にはその場が与えられる会社です。

少しでも気になったら、まずは無料転職相談