飲食店でもリモート面接は導入できる?面接の流れとポイントまとめ

 

長期化する新型コロナウイルス問題。

ポストコロナの新しい採用手法として、オンラインツールを活用したリモート面接(Web面接、オンライン面接)を取り入れる企業が増加しています。

一見すると難しそうなリモート面接ですが、面接に対するハードルが下がり、候補者の当日キャンセルが起こりにくいといったメリットもあり、実は飲食・サービス業界にもおすすめしたい採用手法。

今回は、リモート面接の導入を検討している飲食店さまに向け、リモート面接の流れやポイントをお届けします。


リモート面接の流れ

【1】 まずは互いの環境確認を!

・音声が問題なく聞こえているか、ビデオ通話の場合は動画が乱れていないか

・お店・企業側からは「よく聞こえていますよ」「静かな環境をご用意いただきありがとうございます」などの声かけも、はじめの関係づくりに効果的◎

  

イヤホンをする男性

【2】手元にある書類を確認!

・「いただいた履歴書を見ながら質問しますね」など声がけをし、認識のすり合わせをしましょう

・別資料から質問をする場合は、都度「職務経歴書の内容について質問したいのですが」など声がけをし、候補者が戸惑うことのないように配慮

   

【3】質問はより具体的に、答えやすいような工夫を

・リモート面接では質問の仕方をより明確に

例)オフラインの場合

「実際の通勤は何線を利用されますか?今日は何で来ました?」

  リモート面接の場合

「JR○○線の○○駅にある店舗に配属の場合、どのルートで来られますか?」

・私生活・家庭環境に関する質問は以前よりもセンシティブ、質問の仕方に配慮しましょう

例)△「コロナ禍で大変だと思いますが、お子さんの保育園など大丈夫ですか?」

  ○「お仕事をしていただく上で、こちらが配慮すべきことはありますか?

ご家族のこと、ご自身の健康状態・通院など、何かあれば教えてください」

   

【4】お店・企業側も、クロージングトークの練習を!

・リモート面接は淡白になりがち。どんなお店を目指しているのか、会社としてのミッション/バリューを電話や画面越しで語れる練習を

・コロナ禍で採用を控える企業が多い中、なぜ自分たちは採用できるのか、今後のプラン・戦略も説明できるようにしておくと良いでしょう

・店舗でどのような感染症対策を講じているかは、昨今の職場選びで重要なポイント。候補者に聞かれる前に説明を!

  

PCの前で身振り手振りをする男性

  

【5】次のステップについて、しっかりと伝達を

・いつまでに、何を使って連絡するかを明確に伝えましょう

例)「本日の結果はこちらで検討の上、○日頃までに、お電話でご連絡しますね」

・内定通知・条件通知が口頭な会社も多いですが、リモート採用の場合は「言った・言わない」というトラブルを避けるため、通知書などのフォーマットを用意するのがおすすめ

 

まとめ

リモート面接では、より具体的に、丁寧に意思確認をとりながら行うことが重要です。

理由は、オフラインの面接よりも互いの反応が見えにくいため。

オフラインであれば「相手もよくわかってくれているな」「ここは伝わっていなそうだな」というのが表情やしぐさからもわかるものですが、リモートの場合はそうしたヒントがいつもより少ない状態です。

面接する側も事前にオンラインで面接練習をしておくことも効果的かもしれません。

また、面接する側が「もう1度お願いします」「少し聞こえにくいです」などの声かけをすることで、リモート面接に不慣れな候補者側も、そうした発言がしやすくなります。

コロナ禍においては不安な気持ちを抱える候補者も増えています。

次の職場に求めるものは特に丁寧にヒアリングし、質問の仕方にも配慮するのが良いでしょう。

  

PCとキーボード

  

リモート面接はこれまでのオフライン面接と異なるので、はじめはうまくいかないこともあるかもしれません。

しかし、自社のやり方を確立することができれば、これまで出会えなかった候補者と出会う機会を与えてくれ、お店や企業の発展につながります。

業界に先駆けて導入し、お店や自社の可能性を広げてみませんか?


【関連記事】

■飲食店さま向けテンプレート「新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う営業時間変更のお知らせ 」

■飲食店さま向けテンプレート「従業員が新型コロナウィルスに感染した場合の対応事例」

■飲食店の営業再開に向けたコロナ対策ガイドライン【お客さまへの対応】

ドライブスルーで食べ物を受け取る女性

■飲食店の営業再開に向けたコロナ対策ガイドライン【従業員への対応/店舗内の衛生管理】

求人・経営でお困りの
企業様をサポートします!